いつもTwitterをご覧いただいてるフォロワー様へ

自己ベストを更新できるマインドとテクニック

 

  • YouTubeを見ているけど上手くいかない
  • 動画を撮って見ているけどプロのようにできない
  • レッスンに通っているけどコーチが常に居ないとできない
  • のしさんいつも変な事してるけど、どうやるの?って思ってもらえたら幸いです。

 

出来ない自分が悪いと思って一生懸命練習に通っているかと思います。

今日はよかった。きっと明日のラウンドは上手くいく。

コースに出てみると昨日とは別人のようなスイングでスコアは結局いつもと変わらない。

 

端的に答えをお伝えします。

 

「グリップをフィンガーで強く握って右手で力を入れて上からヘッドをボールに当ててください。」

 

そんな馬鹿なとお思いかもしれません。

 

そう思うのも無理はないと思います。

 

ゴルフではやってはいけないとよく言われていることです。

 

しかし、道具を使うことにおいて利き手を使わないことほど非効率な事はないと思います。

 

普段の生活、他の道具を使うスポーツにおいては利き手を最大限使うと思います。

 

右手、是非使ってみてください。

 

誰に聞いても振り方をレッスンされるので、当て方がわからない。

 

動画をみて人の動きの分析をする練習を止めましょう。

雑誌、メディア、いろいろな練習器具いろいろなものを試しました。

15年やりましたが僕は無理でした。

プロは非効率な動きを子供の事からものすごい練習量の中で覚えた動きをしています。

そんな彼らの練習量には我々アマチュアには到底真似できることではないです。

 

まして、ショット全体の流れとして作ってきたものを、一部分だけ取り入れようなんてことは不可能です。

 

スイングプレーンをなぞることも全くの無意味です。

 

では、何ができるのか?

 

先ほどもお伝えしましたが、右手でヘッドを上から下へボールに当てることだけです。

 

自由自在に右手で叩けるようになれば結果としてトッププロと同じような形になりますよ。

 

実践動画はご覧いただいていて、ご理解いただけるとは思っています。

 

どうやったら当てられるの? 

 

振り方ではなく、当て方にマインドをフォーカスしてください。

 

小さいお子さんはいろいろ知らなくても一生懸命当てようと頑張ります。

はじめは上手くいかない。それでいいんです。

失敗を重ねていく中でどうやったら自分の思い通りに当てられるか学んで行きます。

 

「飛ばしたい」

 

強く叩かないとボールは飛びません。

 

ドライバーは飛ばすために力の限り全力で叩いています。

 

力を抜いたら飛ぶわけがありません。

 

柔よく剛を制す という言葉を日本人は好きです。

あれは相手の力を利用して最少の力で相手を制圧するということです。

 

ゴルフボールは止まってるので力が働いていないので、自分でエネルギーを作り出して正確に飛ばしたい方向へ力を掛けてあげなければいけません。

 

野球はボールが飛んでくるのでバットを当ててあげるだけでそこそこ跳ね返ってくれますけど、止まっているゴルフボールはそうはいきません。

 

「アプローチは寄せたい」

 

ドライバーでは300ヤードオーバーさせるだけの力をかけています。

 

アプローチでは必要な距離の分だけ力をかけてます。

 

力を抜いているわけではないんです。10ヤードなら10ヤード分の力をかけています。

 

見た感じ、あそこまで飛ばすならこのくらい叩けばいいな。

 

そんな程度でクラブヘッドでボールを叩いています。 やることはたったそれだけです。

 

野球で投げる時、見たところに好きな力加減で投げられる。でも自分でどうしてるかは知らない。

でも投げられる。 人が本来持っている能力です。

 

その能力を使わずに振り幅でコントロールしようと教わってしまう。

 

より強く叩こうと思えば無意識にスイングは大きくなるものであって、振り幅でコントロールしましょうということは一切していません。

10ヤードのアプローチで膝までテークバックしてしまった時点でクラブの位置エネルギー量が多すぎて、飛びすぎてしまうのではないかと無意識に脳が察知してインパクトを緩めてアジャストしてくれるんですが、芝の抵抗に負けて結果ダフる。なんてことが起こりえます。

 

右手で小さく鋭くしっかりインパクトに力をかけて打つ。

 

それがよく言う「インパクトを緩めるな」の本質です。

 

スイングばっかり気にしていて振り幅に任せてインパクトを叩くことをしないというのは、終始緩んだままなので、どうやってもボールに意思は伝わりません。

 

その時、当たったヘッドの軌道とフェースの向きの兼ね合いの方向へ飛んで行きますから

そうなってしまわないように、しっかり右手でヘッドコントロールしています。

 

常にヘッドをコントロール下に置いているのでシャンクはまずしません。

 

アプローチ、自由自在にとても簡単になりますよ。

 

メンタルというのはシンプルな確固たる技術に裏打ちされて培われるものです。

 

振り方がストローク毎に変わってしまうような状態では保てないのです。

 

シンプルに打ち、結果を最優先に考えます。 

 

その人の体にもっとも効率のよい方法を伝えます。

 

スイングの形がここがこうなっているからこうしましょうということは僕はお伝えしません。

 

従来レッスンがお好みであるならば、お近くのプロに習われたらよろしいかと思います。

 

技術はシンプルすぎて答えをすでに出してしまっています。

 

僕の日々のTwitterの動画ではこれをベースにいろいろとやっています。

 

LINEの方でご質問下されば無料で日々のTwitter動画のリプライではお伝え出来ない解説をお送りします。「ライン希望」と一言DM下されば直通のQRコードをDMにてお送りいたします。

 

LINEビデオ通話でのオンラインレッスン(有料)のご依頼もそちらで承っております。

お気軽にお問合せ下さい。

 

最後までご拝読ありがとうございました。

 

Copyright (C) 2020 Realize vision All Rights Reserved.